展覧会のお知らせ

2018.6.20(水)26(火)
田村敬星 半世紀展 ~古今敬慕 一子相伝の技~
岡山天満屋 五階 美術画廊

九谷毛筆細字について

「九谷毛筆細字(さいじ)技法」とは、主に和歌などの古典文学を極細の毛筆で磁器に描き込む技法です。明治以降、九谷焼の繊細な絵付けに見合う表現として石川県の南部地方で独自に発展してきました。  現在まで一世紀以上に亘り、田村家に一子相伝の技法として受け継がれています。

細字はマンガンを原料とした釉薬で描かれた後、約800度で焼成されます。粘性のある釉薬を用いて極小の文字を描くことは難しく、技術の修得には長い年月を要します。 立体で曲面の多い素磁に整然と文字を配列し、絵付け全体とのバランスを図る為に、作業は基本的には裸眼で行います。また、器の内側に描く際は、縦の線は下から上に引くなど通常とは全く異なる書き順を用います。極小でありがながらも書としての美を兼ね備えた文字表現を目指して、独自のさまざまな工夫が凝らされています。 直径三センチの内側に百人一首を収めた洋杯は、まさに技法の粋を極めた象徴的な作品であり、歴代が技術の研鑽の為に取り組んできました。

初代・小田清山、二代・田村金星のもとに進境を示してきた細字技法は、三代・敬星、四代・星都に受け継がれ、現代性あふれる雅の美を備えた作品を追求すべく、今もなお発展しています。

陶歴

田村敬星(1949年~)

  • 1969年祖父金星に師事する。
  • 1977年日本伝統工芸展入選、以来多数。
  • 1979年日本陶芸展入選、以来多数。
  • 1982年国際工芸デザイン展記念賞受賞。
  • 1983年日本工芸会正会員認定。
  • 1989年伝統九谷焼工芸展大賞受賞、他受賞多数。石川の伝統工芸展優秀賞受賞、他受賞。
  • 1992年一水会陶芸部展一水会会員優賞受賞・審査員就任・委員に推挙される。
  • 1996年「細字君が代茶碗」献上制作。九谷焼資料館にて「清山・金星・敬星:細字三代展」開催。
  • 1999年石川の伝統工芸展特待者に推挙される。「九谷焼百年」パリ展出品。
  • 2004年さいか屋藤沢店にて個展開催。一水会陶芸部常任委員に推挙される。横浜高島屋にて個展開催。
  • 2005年石川県指定無形文化財九谷焼技術保存資格保持者に認定。
  • 2007年さいか屋横須賀店にて個展開催。京都大丸にて個展開催。三越日本橋本店にて個展開催。
  • 2008年岡山天満屋にて個展開催。
  • 2009年ながの東急にて個展開催。
  • 2010年さいか屋藤沢店にて個展開催。横浜高島屋にて個展開催。
  • 〔コレクション:作品収蔵〕米国ワシントンスミソニアンサックラー美術館
  • 石川県立美術館
  • 金沢市中村記念美術館
  • 九谷焼資料館

お問い合わせ

九谷毛筆細字 陶窯田村 工房・ギャラリー